エコ社会の中ではリサイクルが注目されています

現代の社会では様々な部分でエコ活動が求められています。
資源やエネルギーは有限と考えられていて、世界の人口が増え続けている現在ではその節約が世界的な課題になっています。
そのような中で資源の有効利用の一つの形としてリサイクルが注目されています。
とくに先進国の間では一般にも広くリサイクルが浸透していてその意識も高くなってきています。
リサイクルには再循環という意味があり、商品などとして製造されたものを原料として再利用することと捉えられています。
最利用されているものは多岐にわたり、日本では古紙やペットボトル、プラスチックゴミ、ビンや空き缶などが馴染みのあるリサイクルの対象となっています。
これらのリサイクル対象のものは多くの場合は、一般家庭から資源ごみとして自治体が回収してリサイクルしています。
特に紙ごみやアルミ缶やビンはリサイクル対象品として優秀で、回収されたリサイクル資源の売却が自治体の収入になっているほどです。
これらのような資源ごみと言われるリサイクル対象のものばかりではなく、様々な商品もリサイクルされてきています。
冷蔵庫などの家電もリサイクル法によってリサイクルされることが定められていますし、パソコンなどもリサイクルの対象になっています。
さらには自動車なども多くの部品に分類され、それぞれの部品がリサイクルされるようになってきています。
自動車の多くを占める鉄は古くからリサイクルされていた資源で、今でも世界中で鉄がリサイクルされています。