生活のゴミのリサイクル方法について

お引越しをするときや、部屋の模様替えをするときなど、いらなくなった物、処分する物が多くでてくると思います。
その処分するものの中には、リサイクルできるものがあるかもしれませんので、処分するもの、そしてリサイクルできるものに分別することが大事です。
まず、リサイクルできるものの代表例は、ペットボトルや牛乳パックです。
これらは近くのスーパーなどが回収ボックスを用意していますので多くの人がリサイクルされているかと思います。
また新聞紙なども自治体のゴミ回収に出さずに、こうした古新聞を回収しにくる業者の方に渡すことでリサイクルすることができます。
この場合はその業者の方から10円や20円程度、多いときだと50円程度もらうことができますので、お得にリサイクルをすることができます。
ちょっと処分するときに困る物が電池ではないでしょうか。
実は電池もリサイクルできるものがありますので、専用の回収ボックスに捨てることをオススメします。
電気屋さんで捨てるのが一般的ですが、回収ボックスが置いていない場合があります。
回収ボックスが置いていないからリサイクルをしていないというわけではありません。
そういうばあいは、店員さんに電池を引き取ってくださいと依頼すれば、笑顔で回収してくれますので手渡しで電池を渡しましょう。
通常の電池からリチウムイオン電池などのリサイクル電池もすべて引き取ってもらうことができます。
地球のことを考えてこうしたエコ活動をすることは将来の子供たちにとっても大事なことだと思います。

none